由緒

 三瀬地域内の「御林遺跡」からは、約1万2千年~1万3千年前のものと思われる貝塚が発見され、また、それぞれの時代を物語る石器や土器、勾玉なども見つかりました。
 三瀬には、その頃から人が住み、生活していたものと考えられています。
 三瀬 気比神社は、敦賀 気比神宮の主神である伊奢沙別命(いざさわけのみこと)ではなく、同じく食物の神である保食大神(うけもちのおおかみ)を主神としています。また、その御霊が、社叢の一番奥に佇む「お池様」と呼ばれる神秘的な池のほとりに祀られている事から、この地の古来の信仰が「森」や「池」を対象とした自然崇拝に基づくものであった事、そこに、この地の神道のルーツがある事を伺わせています。
 
 三瀬 気比神社の具体的な創建年代については、江戸時代まで記録しているものが無く明らかでは無いものの、明治以降に制作されたと思われる「同社由緒書」によると、『716年(霊亀2年)に、敦賀国 氣比神宮のある越前の国からこの周辺に柵戸移住してきた者たちが、敦賀 氣比神宮の分霊を祀ったものではないかと考えられる・・・』と、されています。それが、昭和初期までの有力説でありましたが、近年の新たな調査結果から、もっと後の、石塚(いしづか)一族が三瀬に落居した1337年(延元2年)頃の創建ではないかとの見解もあります。
 また、1091年(寛治5年)、八幡太郎義家(源義家)が奥州征伐の際に、戦勝祈願のため県小治郎をつかわし、剣一振を奉納し、その剣は三瀬気比神社の第一の宝物として秘蔵されたという伝承からすると、1091年(寛治5年)より前には、神社神道としての形が出来ていたのではないかと思われます。
 
 現在ある三瀬 気比神社の形は、三瀬の中でも姓が多い「石塚」一族によって創られたものと考えられています。
 石塚氏の祖は中臣(なかとみ)氏であり、同氏は天児屋根命(あめのこやねのみこと)の子孫であるとして中臣連・中臣朝臣となり、朝廷の祭祝を司る名家として、大伴連・物部連・蘇我連と並び対等でありました。
 645年、中臣鎌足(なかとみのかまたり)は、大化改新時に中大兄皇子と組んで皇極天皇の面前で蘇我入鹿(そがのいるか)を切殺し、その功績によって「藤原」の姓を賜り、藤原氏の祖となっています。
 中臣氏は、伊勢外宮の大宮司に任ぜられていましたが、776年(宝亀7年)に越前国の敦賀 気比神宮の大宮司に転ぜられました。
 1336年(延元元年/建武3年)、御醍醐天皇と足利尊氏との確執から南北朝時代に入ると、中臣氏は南朝方となって恒良親皇・護良親王を奉じ、新田義貞と共に越前金ヶ崎城を拠点にして北朝方と戦いましたが、足利氏の武将・高師泰(こうのもろやす)に敗れ、敦賀 氣比神宮も灰塵に帰しました。
 1337年(廷元2年)、戦いに敗れた中臣氏は、河端三家・石塚家・石倉家・平松家・島家・宮内家に分かれて落ち延び離散しました。石塚家一族の主流は北陸路を北に向い、出羽国田川郡 三瀬に落居しました。その数年後に、三瀬 気比神社を勧請したものとも考えられています。三瀬気比神社誌に記載されている宮司も、1835年(天保5年)までは代々・藤原の姓であり、以後は石塚の姓となっています。
 
 
 戦国時代には、この地を納める武藤氏の武将・高坂時次と菅沢氏光が、気比大権現の本殿・長床の再建用木を寄進し、天正2年(1574年)には武藤義氏が神田三千刈を寄進しています。歴代の藩主の尊崇も厚く、1612年(慶長7年)、最上少将義光が黒印35石を寄進し、1622年(元和8年)に酒井家が入部すると、たびたび本神社を参拝し多額の金品を奉納しました。現在の本殿は、1707年(宝永4年)庄内藩 七代藩主・酒井忠真公の寄進によるものです。
 1868年(慶応4年)に新政府から出された「神仏分離令」の通達により、同年12月9日、「気比大権現」から「気比大明神」に改称され、ご神体の1つであった「気比大権現像」は近くの了願寺に移されました。明治6年2月、酒田県(山形県)第一大区の郷社に選定、祠官が任命され、11月には村方により社標が立てられました。その後、明治9年には神社の体制や神事諸式を改革して、県社に選定されました。
 明治から大正にかけての広い戦役においては、氏子内の出征軍人 百数十名の中で1人の戦死者も無かった事が郷土紙の「鶴岡新聞(現・荘内日報)」で話題になると、武運長久を祈る参拝者が全国から押し寄せました。当時、三瀬駅から気比神社まで参拝人の行列と露店が続き、例祭や祈願日には臨時列車が運行されるまでになりました。
 1937年(昭和12年)の半年間では7万人近い参拝者が訪れたとの記録があり、1日3千人を超えた日もあったようです。下駄を売る「下駄屋」という屋号があちこちにあるのは、当時の参拝者に下駄を売っていた事の名残です。
 みこの祈祷により、「気比神社の裏の笹が弾丸除けのお守りとして効果あり」とのお告げを受けると、それを戦地の兵士に送ることが氏子や村民の中で広まりました。
 
 現代においても、学業や商売・スポーツなどにおける勝利を祈る人々が県内外から多く訪れています。

御祭神


 気比神社の「気」は食べ物を表し、「比」は「御霊」を表しています。三瀬の気比神社は、保食大神・日本武尊・神功皇后等を祭り、「農業」と「武」の神です。敦賀氣比神宮の主神は、同じく食物の神とされる伊奢沙別命(いざさわけのみこと)ですが、三瀬気比神社の主神は保食大神(うけもちのおおかみ)です。これは三瀬では古くから保食大神を崇敬していた事もあり、気比勧請に際しての配慮であったと考えられています。
 
●保食大神(中座)(うけもちのおおかみ)
 ≪衣食住・海上安全・農漁業・交通安全≫
 「日本書紀」の五穀起源神話に登場する食の神様です。「うけ」は食べ物、「もち」は「持ち」の意。天照大神(あまてらすおおかみ)の命により、月読尊(つくよみのみこと)が保食大神のもとに行くと、保食大神は口から飯、魚、獣を出して供応したので、月読尊はその行為を汚いと怒り、剣を抜いて保食大神を殺してしまいました。すると,天照大神は激怒して月読尊とは二度と会わないと言い、それで日と月とは一日一夜を隔てて住む様になりました。さらに死んだ保食大神の体からは「牛馬」、「粟(あわ)」、「蚕(かいこ)」、「稗(ひえ)」、「稲」、「麦・大豆」が生まれたという五穀起源の説話になっています。農業・漁業の守護神でもあります。
 
●仲哀天皇神(左座)(ちゅうあいてんのう)
 ≪無病息災・延命長寿・武運長久≫
 第14代天皇 足仲彦天皇(たらしなかつひこのみこと)。九州の熊襲(くまそ)が叛いたとの知らせを聞き征伐に向かったが、そこで妻の神功皇后が戦いの前に吉兆を占ったところ、神からのお告げは熊襲征伐に出たはずの軍を宝の国(新羅国)に向けよというものであった。仲哀天皇はこれに反し、従来どうりに熊襲を討とうとしたため、神罰を受け命を落としたという。
 
●神功皇后(右座)(じんぐうこうごう)
 ≪安産・農漁業・海上安全・無病息災・延命長寿・武運長久・音楽舞踊≫
 仲哀天皇の妻(気長足姫尊(おきながたらしひめのみこと))。神功皇后は、大臣(おおおみ)の武内宿禰(たけうちのすくね)の助けを得て、勇敢に新羅国を攻め、これを従わせたといいます。父は開化天皇玄孫・息長宿禰王(おきながのすくねのみこ)で、母は天日矛裔・葛城高顙媛(かずらきのたかぬかひめ)。彦坐王の4世孫、応神天皇の母であり、この事から聖母(しょうも)とも呼ばれる。
 
●応神天皇(惣社)(おうじんてんのう)
 ≪海上安全・農漁業・無病息災・延命長寿・武運長久≫
 仲哀天皇の第4子。第15代天皇。仲衰天皇が亡くなった年の冬に生まれた。71歳で即位、111歳(古事記では130歳)で崩御したという。応神天皇の時代は朝鮮半島を通じて農地改良・馬・太刀・縫製・論語などがもたらされ、技術改革、文化振興が行われた。皇祖神や武神として、各地の八幡宮に多く祭られている。
 
●玉姫命(平殿)(たまひめのみこと)
 ≪音楽舞踊≫
 爾波縣君祖大荒田命の娘として生まれ、尾張氏の建稲種命(たけいなだねのみこと)と結婚しました。子宝にも恵まれて幸せに暮らしていましたが、夫の建稲種命は日本武尊(やまとたけるのみこと)のお供として出征し、運悪く戦死してしまいます。玉姫命は故郷に戻った後、母親として立派に子供達を育てあげ、民達のお手本として懸命に働き、在地の発展と子孫繁栄を成し遂げたそうです。
 
●日本武尊(東殿)(やまとたけるのみこと)
 ≪武運長久・無病息災・延命長寿≫
 第12代・景行天皇の子。神がかり的な力で東西の叛乱を抑え、邪神を退治するなど、日本の国土を平定した英雄として祀られている。
日本書紀では、16歳の時、いったん平定された九州地方で再び叛乱が起きたため討伐に向かう。叛乱を起こした相手方の宴の中に、美少女に変装して忍び込み、宴たけなわの頃にまず兄建を斬り、続いて弟建に刃を突き立てた。討伐された弟建は死に臨み、その武勇を嘆賞し倭建(ヤマトタケル)の号を献じた。西の九州討伐後、倭姫命より伊勢神宮にあった神剣・草薙剣(くさなぎのつるぎ)を賜り、今度は東の吉備や難波の邪神を退治して、水陸の道を開き、天皇の賞賛と寵愛を受ける。草薙の剣をもたず、素手で伊吹山の神を討ちに行こうとした際、その神の化身である大蛇をまたいで通ったため、神に氷を降らされ病身となり、そのまま亡くなった。日本武尊は白鳥となって、大和を指して飛び、後には衣だけが残されたという。仲哀天皇の父。武神。
 
●武内宿彌命(西殿)(たけうちのすくねのみこと)
 ≪延命長寿・無病息災・武運長久≫
 『古事記』『日本書紀』に登場する中で最も長寿な伝説的人物で、大和朝廷初期(景行・成務・仲哀・応神・仁徳天皇の五代の天皇の時期)に棟梁之臣・大臣として仕え、国政を補佐したとされる。年齢についても280歳、295歳、306歳、312歳、360歳などの諸説がある。忠臣の誉れ高く、景行天皇の時蝦夷地視察、神功皇后の三韓遠征、忍熊皇子反乱討伐などに参加。日本銀行券(紙幣)の肖像にも、5種類採用されています。
 

気比の森

気比の森

 この気比神社がある一帯の森を「気比の森」と言い、古くから神聖な森として、ほとんど人為的な手が加えられず保護されてきました。
 神の領域と言う事から詳しい調査も行われていないため、未だに解っていない事も沢山あります。
 標高60メートル、海岸からわずか800メートル程の距離ながら、森の中には約450種の植物が育成し、カシワ・ケヤキ・タブノキ・イタヤカエデなどが、自然環境の条件に従ってそれぞれの純林を形成しています。特に池の北側には標高800メートルの高山でないと育たないとされるブナの木が、過去の寒い時代に生育したまま残っています。森の南側には暖地性のタブノキ・ヤブツバキが生育しています。
 現在でも、奇跡的に自然原生林がそのままに残っており、東北地方 日本海沿岸の原植生を知ることができる唯一の場所とされ、国指定天然記念物にも指定されています。ブナの木はほぼ全山に分布し、特に池の周辺には模式的に約200本、ケヤキは約180本が残っています。所々に、スギ・サクラ・モミ・アスナロが植林されていますが、その他は全て原生林です。

 ・気比神社のクロマツ(市指定天然記念物)  ・気比神社のサカキ(市指定天然記念物)  ・気比神社のシラカシ(市指定天然記念物)

 ● 昭和50年に山形県自然環境保全地域に指定。
 ● 昭和52年に国指定天然記念物。
 
 

お池様

お池様
 気比神社の奥にある細長い池は「お池様」と呼ばれ、面積は約3ヘクタール、周囲は約1キロメートル。
 池の辺には気比神社の主神である「保食大神(うけもちのおおかみ)」が祀られています。昔から伝説が多く、吉兆を予言するとも伝えられています。平時の池の色は深緑色ですが、三瀬大火の際には、それを予知するように赤く染まった、時には枯れ葉のような物が一緒に浮かび上がり、その赤い濁りの箇所と枯葉の多少が火難の位置をも示すと信じられてきました。また、水の色が青くなると洪水が起こる、病が流行るときには、黒く染まった(または、白い泡立ちが水面に湧き起こる)、第4の変化もあった、という言い伝えが残っています。
 川から水が流れ込むわけでは無く、雨や雪のみによって水位が保たれているとみられていますが、渇水期にも一度も干上がった事が無いと言われて、その事から竜宮に繋がっているとも考えられてきました。お池様の付近に砂が多い理由は、庄内砂丘が出来た頃の飛砂が堆積しているもので、そのため、周辺に降った雨がすぐに浸透して池の水位を維持していると考えられます。東北地方では珍しい「小砂丘によるせき止め湖」が形成されています。
 春に白い大きな繭型のものが現れ(深山にしか生息しない「クロサンショウウオ」の卵)、「お池のまゆ」「水まゆ」と養蚕の神として信仰を集めましたが、昭和39年6月16日に起こった新潟地震以後、地形が変化し水位が1.5メートル程下がった為か、姿は見られなくなったそうです。また、ヨシアキトンボという珍しい昆虫が群生します。
 

ご祈祷


七五三、お宮参りのほか、家内安全、商売繁盛、合格祈願など、ご祈願させていただきます。
また、地鎮祭、竣工式等には、神職がお伺いしてご祈願させていただいております。
 
● 厄祓い
  昔から、厄災が多く降りかかるとされる年を厄年といい、一般的に、男性は数え年で25歳、42歳、61歳、
  女性の場合は19歳、33歳、37歳とされ、特に男性の42歳、女性の33歳は大厄といわれています。
 
● 七五三
  3歳、5歳、7歳と子供の成長をお祝いさせて頂きます。
 
● 交通安全
  お車を購入された際には、交通安全のご祈願をさせていただきます。
 
● 出張祈願
 
<その他>
 家内安全、商売繁盛、社運隆昌、営業隆盛、五穀豊熟、雨乞い、雪乞い、厄難消除(厄年ではない方の厄除祈願)、縁結び、安産祈願、初宮参り、七五三詣、合格祈願、学業成就、病気平癒、身体健全、神恩感謝、心願成就、芸能上達祈願など
 
● お札・お守り